おぎっち

 

 

 

ジャパンカップ? 開催するらしいけど、、出来るんやろか?‥

 

相当 台風で コースがヤられたらしいし、、

 

まだ 生活ライフラインの復旧作業や 救出作業なんかも続けてる段階で、娯楽イベントなんかに 力を注いで良いんやろか?な、、

 

 

まぁ、個人的に 私はジャパンカップに 全く 思い入れは無いけど、、

 

一般論として 被災者優先やと思うけど、娯楽のレース開催より ライフラインの復旧に人材を回すべき? やと思うけど・・

 

あと一週間やからな。。

 

日本の各代理店なんかは、営業活動の最重要イベントの一つやからな、、

 

どうなんやろな?。。

 

 

 

 

 

f:id:ogitti:20191016065153j:plain

f:id:ogitti:20191016065209j:plain

 

貴ノ富士が引退したらしい、、暴力力士の・・

 

貴乃花が相撲界から追放されて、部屋も破産して、離婚までして、、それで 貴ノ富士を暴力騒動から守れたのにな・・

 

半分 フィリピン人なんやなぁ、、貴ノ富士って・・

 

こいつ、ちょっと日本人とは 感覚がズレてるよな?、、

 

 

相撲協会の自主引退の要請に対して、弁護士なんか立てて スポーツ庁に嘆願したらしいが、、

 

こいつの行為は 反省してる態度では無いよな・・

 

会見まで開いて 世論に同情を求めたが、、世論は 全く 無反応やったな・・

 

当然やな・・

 

日本人の感覚やったら、 もう こんな事 せんな・・

 

こんなフィリピーノの為に 日本の英雄 貴乃花角界から追放されて、、何様なんやろな?・・

 

双子の弟も同じ力士で、また 同じ様な騒動を起してるらしいぞ、、

 

良かれと思って引き取った千賀の浦も、、弟子は暴力を受けるわ、騒動の後始末で 貴ノ富士にゴネられるわ、、

 

元々、こんな暴力力士を「二度と暴力を振るわない、振るったら引退する。」という「誓約書」を書いたから 千賀の浦は優しく受け入れた訳やし、、

 

それで 暴力振るって、深刻な差別発言を繰り返して、、

 

疫病神やな・・

 

 

 ホンマ 今回の騒動だけは、相撲協会や部屋に同情するわ・・

 

退職金の貰える「自主引退」を提起して貰えただけ 有り難いと思わんとな・・

 

これを弁護士なんか使って、スポーツ庁なんかにチクって、、

 

完全に 恩を仇で返してるよな・・

 

 

日本の血が在るなら、こんな下品な事は しないな・・

 

 しかも、貴ノ富士は こんなけ 多くの人々に迷惑を掛けて 引退届を出す際に、協会に「失望..」らしいぞ・・

 

逆やろ??、、反省して無えな、、こいつ・・

 

 今後、セカンドキャリア―で失敗して、違った形で 犯罪者として 報道に現れん事を 願うね、、冗談抜きで・・

 

 

 弟もヤバそうやけど、、

 

 

 

 

ヤフーニュースで 16歳の選手が渡欧してツールを目指すネタを流してましたね。

30年前、自分が二十歳の頃にフランスのプロ養成施設の寮にお世話に成った時、
少なかったですけど 日本人の若い選手が フランスの何処かで 走ってる噂は 何人か聞いてました。

ツールを目指して、若い選手がフランスのアマで走ってる話は 当時も何度か聞きました・・

けど、多くは社会人に成ってたり、実業団選手として来ていたり、学生くらいの選手だったり、、
若いと言っても 現地的にはオッサン?扱いだったと思います。

自分が居た 養成施設クラブの選手は、地元フランス人や マイナー国から遣って来てプロを目指してる選手等で それよりも ずっと若く、、

二十歳を越えてる選手は 既にプロ寸前の選手くらいで、、他はジュニアの選手やったり、19歳くらいでしたね・・

よは、二十歳前後でプロに成れなかった選手等は ほぼプロには成れない?感じで、、

みんな引退して、趣味として アマのセカンドカテゴリー以下で走る感じでした。

よは、大学生や実業団で活躍してる様な年齢は、フランス国内では ほぼ引退みたいなモンで、、

遅過ぎるんですよね、、ホンマにプロに成って ツールを走れるクラブに入るには・・

自分は ぜんぜん 選手を名乗るような立場でも無い 雑魚でしたけど、、

中には 日本人選手でも 評価されてる人が 何人か居ましたけど、、
結局 年齢が高く チャンスの大きなレースを走らせて貰える事自体が 少なかった?気がします・・

日本国内は どうしても 高体連 学連 実業団 と言う区分けがハッキリしていて、、

ファクトリーの実業団選手に成れたとしても、その時点で フランスではオッサンで、、
そこから遠征という形で欧州へ渡っても、、プロに成るには 年齢が高過ぎるんですよね・・

やから、ホンマは 高体連の年齢の時点で、日本国内のレールを完全に捨てて、
欧州の育成プログラムに加わらないと、間に合わないと思います。

理想的には、日本が国家プロジェクトを造って、能力の高いジュニアの若い選手等を掻き集めて、欧州の育成レースを走り捲って 育てて行くって事やと思います。

決して、日本のレールなんかに乗せず、欧州の育成のレールに乗せる事が 必至やと思います。

フランスの施設に居た時、一緒に走ってた19歳のニュージーランド人は、フランスの大きな育成レースでも勝ってましたし、
21歳の時にフランスのガン(クレディアグリコル)から 滑り込む様に プロに成って 数年後にツールを走ってました。

また、よくレースで一緒に走った 地元ブルターニュのジュニア選手も、
後々 ジュニアのブルターニュ王者に成ってて、ビックマートやコフィディスからプロに成り、ブェルタやツールを走ってました。

施設に ルクセンブルクのジュニア代表で来てたシュレック(兄)も、
ブルターニュのジュニアのレースに勝ち捲ってて、後にプロに成って、ツールで3位?くらいに成ってたと思います。

彼らに共通してるのは、みんな未成年の段階で、欧州の育成レースで勝ち捲ってて、、

逆に 二十歳以降の選手なんかは、プロに行くか 引退するかで、、施設のクラブには殆ど居なかったです。

まぁ、ほぼ全員 引退するんでしょうけど、、当時の自分がお世話に成った施設のクラブは フランスのDN1のチームで、
アマの中では最強クラスのクラブやったので、後にプロに成った人等を 何度も見ました。。

そう考えた場合、やはり このヤフーニュースで取り上げられた選手の 書かれてる言葉ってのは、凄く重要に感じますし、、

ホンマは イギリスのスカイや カザフのアスタナ、オーストラリアのグリーンエッジの様に、

国家戦略で 世界最高峰を基準とした育成プログラムを 欧州を舞台にして構築しないと、、

マイナー国の選手は 中々 ツールまで辿り着けないと思います。

そんな事を感じさせてくれる 記事でした・・

どうでも良い話ですが。。

f:id:ogitti:20190708153133j:plain

永遠の2番手?、、ヴェルタ覇者のプリドールが危篤?らしい・・

 

孫ファンデルポールのライバル?、、ファンアルトと 今年ツールの表彰式・・

 

 

スエーデン 16歳のトゥンベリ?、、こいつの御蔭でノーベル賞を獲れたんやろな?、、吉野さん・・

 

地球温暖化で パリ協定を離脱したトランプ大統領に喧嘩を売って?

 

国連で喚き散らして 世界中で有名に成った16歳の女 環境活動家?、、

 

たぶん、こいつの御蔭で 吉野さんはノーベル賞を獲れたんやで・・

 

同じスエーデンの国際賞やし、、自国のヒーローを称賛する政治的メッセージとして、このリチューム電池での受賞やな・・

 

 結局 トランプの嫌いな政治家等が、トランプの「パリ協定離脱」を ワザと掘り起こして、

 

その対象物として、トゥンベリという少女を 祭り上げて、

 

世界中で有名に成った所で、このリチューム電池を開発した3人をノーベル賞に受賞させて、

 

政治的な攻撃を完成させる 的な?

 

ある種の茶番劇かもな・・

 

理想的に言えば、太陽光や風力や 自然エネルギーで社会が生産性を失わずに 継続的に生活出来る事なんやろけど、、

 

結局、太陽光も風力も、、継続的には発電出来ないのが最大の弱点?やろからな・・

 

風の吹かない日もあれば、 曇りの日もアリ、、そして夜が ある・・

 

発電が出来んかったら 生活の生産性は損なわれて、この前の台風の千葉県や無いけど、大混乱に成る・・

 

 そこで重要なのが「蓄電器」 いわいる電気を貯める設備やろな、、

 

まさに自然エネルギーの最大の弱点を補えるのが、蓄電器の存在やろし、、最大の発揮できる電池こそが、「リチューム電池」なんやろな・・

 

よは、このリチューム電池さえ在れば、パリ協定が描く「地球温暖化防止」と 人間が生きていく中での「生産性」が 同時に確保出来て、、

 

解釈的には 「偽善」が成立する・・

 

原発は怖い、」

 

化石燃料は自然を破壊する、」、、

 

第三の選択こそが自然エネルギーでアリ、、その中核が「リチューム電池」の存在?なんやろな・・

 

その裏には「米国のパリ協定離脱」のトランプ大統領がアリ、

 

 

トランプの嫌いな奴等が トランプ攻撃の為に これを利用した って感じやな・・

 

 

毎年 15年前から候補に上がりながら、落選してた筈の吉野さんが 「何故 今年?」ってのが あって、、

 

その裏には トランプに対する政治的な思惑と、祭り上げられたトゥンベリの存在?

 

かなり大きいよな。。