おぎっち

トランプ大統領の好感度が40パーセントだそうな、、


やけど、


選挙期間中、9割以上の報道機関がクリントン優勢やと言ってたけど、、


実際は トランプが大統領に成ったのやから、、


フェイク.ニュースは その9割の報道機関やったって事?やろ・・



やから、実際 なんやかんや言うても、報道側を疑った方が良いよな。。


結局、メディアがトランプ大統領を叩けば叩くほど メディア側が嘘ニュースに成っていく訳で、、


「嘘ニュース」で当選したって言われても、それを伝えてる報道側もまた 嘘ニュースで、、



嘘吐きが「嘘吐き」やと 言ってる・・



変わるべきはトランプや無く、 偽善ばっかり伝えてきた 報道 そのものや無いのか?ってのを 考える・・



米国の大手報道だけや無く、日本の報道も、トランプを叩く節があるけど、、



結局、日本の報道の ほぼ全てのコメンテーターが「クリントンが勝つ」と言ってたが、、



あれも、結局 嘘やった・・



そんな奴等を雇ってる報道会社の癖に、トランプに対して「嘘だ」なんて言っても、、


「お前等が嘘吐きやんけ!!」やな?・・



今回の大統領選挙で ある意味「報道」という存在価値自体が問われ、、影響力の衰退に成ってる訳で、、



未だに それを顧みず、トランプ攻撃を続けてる事に 報道側の傲慢さを感じる。。



結局、オバマ前大統領が 散々 偽善的な事を言い続けた割に、世界中でテロが多発し、戦争が悪化して泥沼化し、、


ある意味 嘘吐きに成った事に成る・・



理想だけが先行して、実行力に欠如してた?、、



そういった事に嫌気が刺してる風潮こそが、トランプが大統領に成るキッカケ?に成ったとも思える。。


よは、何かの間違えでトランプが大統領に成った訳や無く、、



そういった 蔓延する偽善の中で 嫌気が刺してる 隠れたエネルギーが 米国の国内に大きなエネルギーとして 存在してて、、



表面的な偽善者がメディアを埋め尽くす中、、



社会の奥底では 全く逆のパワーが膨れ上がり、それこそが トランプに支持を与えた?って事やと思う・・




やから、なんぼ そのメディアに トランプ大統領が「好感度40%」や 言われても、、


嘘臭いし、、


むしろ 前回のオバマ前大統領の「好感度80%」の方が怪しい・・



今回の時事は、攻撃するべきモノは トランプや無く、むしろ自分自身? メディアこそが攻撃されるべき?やと思う・・



特に いまや 時事の当事者が「ネット」と言う 大きな 新メディアの中で ベラベラ喋る様に成り、、


そのネットという新メディアが 今までの既存の報道会社を通さず、視聴者にメッセージを届ける時代に成り、、



既存の報道という影響力と存在価値が 急激に衰退し、、



いまや逆転してる?かも知れない・・




最近、トランプのツイッターの方が、既存の報道機関より 色んな物事を有権者にメッセージを送り、、


報道側がトランプのツイッターに翻弄されてる・・




よは、既存メディアより トランプのツイッターの方が 経済を揺るがし、世界情勢が動きだし、、



そのトランプを既存メディアが叩けば叩くほど メディア自身が抜け殻に成って行く?、、



こう言った時事の流れからしても、



第4の権力?みたいな 過去の傲慢差が通用しない、、ある意味、報道こそが変わるべき?かもな・・